カナダ留学に必要なビザ

海外の国に入国するときはビザが必要ですが、なかには免除されている国もあります。

カナダにおいても日本はビザの免除国なので、パスポートがあれば入国が可能です。この場合のビザとは観光ビザにあたり、パスポートに押されている入国スタンプの日付から半年間現地に滞在することが出来ます。

ですので半年以内でカナダ留学を確実に終える人であればビザは不要ということになります。

ただし気をつけなければならないのは、入国時に帰国分のチケットを持参することです。

ビザ無しでは現地で働くことが出来ず、もしお金が無くなったら不法滞在の恐れも出てくるので、チケットが無い人は入国審査で厳しく追及され、下手をすると強制帰国になりかねません。
滞在が6ヶ月を超える場合は何らかのビザが必要ですが、カナダならワーキングホリデーという方法があります。これは交換留学制度のようなもので最長1年間滞在できます。
勉強だけでなく仕事やアルバイトも出来ますし、長期のホームステイにも利用出来ます。



しかしながら学校に通うのは半年までと決められているので、それ以上通うには新たに別のビザを取る必要があります。

よってカナダ留学をして半年以上学校に通うつもりであれば学生ビザを取ることになります。

OKWave情報なら、こちらをご参考にしてください。

学生ビザを取るには留学する学校に入学手続きをして、入学許可証を発行してもらう必要があります。
ですのでビザの発給前に学費を払っておく必要があります。滞在可能期間は通学期間ということになりますが、もし通学期間を予定より延長するならビザも延長する必要があります。

知って得するカナダ留学の人気度が上昇しています。

カナダ留学を考えていて6ヶ月以上通学する可能性が少しでもあるなら、学生ビザを取るようにしましょう。